fc2ブログ

高齢独身オタクの色恋遍歴①

すごい氷点下

すごい氷点下

-
denys-nevozhai-191635-unsplash.jpg

紙芝居でも児童文学でもアニメ映画でも、大体物語の最後になったら

「そうして2人はいつまでも幸せに暮らしましたとさ~fin~」

ってなってるじゃないですか。小さい頃は漠然とそこが人類全体の終着点だと信じて疑わなかったんです。

けど、大人になってある日を境にハッキリクッキリ思い知りましたね。

あ、我、恋愛向いてなくない!!??


10代前半くらいまでは、りぼんやなかよしとか読んでたので、その神漫画たちにより割と一般的な恋愛価値観だったと思うんですよ。(種村有菜先生とか津田雅美先生とか高屋奈月先生とかバイブルでしたね)


その後オタクとして立派に育ってからは、少年漫画や青年漫画などを生きる糧とする民となりました。

その間も、自分をどうにかしなきゃって色々なことを試してみたんです。
婚活パーティー行ってみるとかほんとに色々!
でも、ここで気づくんですよ。

あれ!?
これ誰と出かけても楽しくないんじゃ???!



そうなんです。
一緒にどこかに出掛けても食事に行っても、大体1時間~半日一緒にいると

(早く帰りたい…帰らせてくれ~~~~!!!)

ってなっていたことに。

正確に言うと、楽しいのは楽しいんです。
けど、それ以上にやりたいこと(仕事も趣味も)があまりに魅力的すぎて、いつの間にか「時間を捻出しなければ」と思うように意識が向いていたんですよ。

もちろん、いずれも相手に非はない。

ここでお伝えしたいのは、一般的な人ならそんな気持ちにはならないと思う。それが大多数だと思う…思うんだよ…。

けどね、自分はそうならなかった。

時間がたてば変化するのかもしれないが、

今のところ不動の構え

まぁでも今は性別も結婚も恋愛もフリーの時代だからね…
あと数十年経てばもっと選択肢を認識してもらえる時代になるんではなかろうかって思って、気楽に構えてます。

最近はこんなサービスもあるみたいですね。
こういうのもいい選択肢だなって思います。






⇒高齢独身オタクの色恋遍歴②へ続く
スポンサーサイト



↓↓↓糧になるのでワンプッシュしていただけると嬉しいです!↓↓↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ


Posted byすごい氷点下