fc2ブログ

アラサー喪女のニキビ吹き出物との死闘2

すごい氷点下

すごい氷点下

-
ina-soulis-227094-unsplash.jpg


前回の続き2です。

なんやかんやあって、この15年くらいの間でこれは効果あったなってものをランキングしてみます。自分比です。
はい!ドーン!

第3位 プラセンタ注射・点滴

第2位 過酸化ベンゾイル

第1位 低用量ピル



はい…ここで悲しい事実なんですけど、今まで自分はピーリングやレーザーなど自費診療にかなりの額を支払い続けてきたんですけど、出来たものを直すには効果は確かにありました。けど、次から次へと新しいニキビや吹き出物が出るのを打ち止めないと、永遠にこの状況は打開できないんですよね

なので、自分が元を絶てたと感じたものはこの3つ以外にはなかったです。
むしろ、この3つで激減しました。

皮膚科で治らず苦しんでいる方がもしここにいらっしゃったら、婦人科に行くことをおすすめします。食生活、睡眠、ストレスに細心の注意を払っていても、ホルモンバランスとかいう謎のバイタルは自分ではどうしようもできないです。

3位のプラセンタ注射・点滴はニキビ目的でなくても、更年期や肩こりなんかでもおすすめです。ダイレクトに体に入れる分、効果が速攻でわかりやすいって感じました。週1~2で通ってます。予約しておけば、5~10分で処理終わるので楽ちん!高濃度ビタミン注射や点滴も出来れば尚ヨシ!


とにかく即効性!


2位の過酸化ベンゾイルは、日本で認可される前から個人輸入して使用してました。アメリカ版プロアクティブの美容液(リペアリングクリームかトリートメント)には過酸化ベンゾイルが2.5%配合されているので、ほぼ今のベピオゲルと同じ内容だと思います。
日本版には同じようなアイテムがありますが、処方が全く違っているので私は全然効果なかったです。

アメリカ版は過酸化ベンゾイル、日本版はサリチル酸配合です。

軽症ニキビでサリチル酸で治るようであればよかったんですけど、どうにもならなかったくらい酷かったのでベンゾイル一択でした。

ベンゾイルは刺激がめちゃくちゃ強い成分ですが、何がすごいって、アクネ菌を高確率で殺菌できる、抗体ができづらいってことだと思います。アメリカではニキビといえばベンゾイルってくらい昔から有名な処方見たいです。

ほんと日本で認可してくれてよかったよ…。

はい、1位の低用量ピルです。

これ始めた飲んだの大学生の時だったんですけど、皮膚科でどうにもこうにも良くならなくて、ネットで見かけた婦人科に行ってみたのが始まりでした。婦人科って女子大生にはハードル高すぎて行くのためらってたんですけど、過去の自分にひとこと言えるならこういうでしょう。

今すぐ行って!!!
そのゲームも漫画も先行上映会も
全部キャンセルして
今すぐ婦人科行って!!!!!!!!!!!!!!👊👊👊




自分はマーベロン28というものを飲んでますが、飲んでいる間は今までの苦労が嘘みたいに吹き出物が出来なくなりました。正常な人間の肌ってこんな丈夫なのか!?って当時感動しました。

マーベロン28 とは
尋常性痤瘡(ニキビ)は、通常は軽症で一時的な皮膚疾患と思われていますが、重度な症状も起こる場合があります。発症のピークは思春期後期(この時期に男性ホルモン分泌が増大)であり、ストレスが原因のアダルトニキビも男性ホルモンが影響しています。低用量ピルの服用で二次的効果としてニキビが改善されるため、これまで第1、2世代のピルが使用されてきました。 しかし、これらには黄体ホルモンに内在する男性ホルモン様作用により、多毛症・肥満・男性化症状・まれにニキビの悪化等の副作用が問題でした。昨年より販売開始となった「マーベロン28」は第3世代のピルで含有されているデソゲストレルは男性化作用がほとんどないため、「太らないピル・美しくなるピル」と言われています。
出典:大西皮フ科形成外科医院



肌が健康だと(普通のお手入れするだけ)こんなにハッピーな気分になれるんだなって思いました。

圧倒的ストレスフリー。

この3つは今でも本当に信用してる方法です。






スポンサーサイト



↓↓↓糧になるのでワンプッシュしていただけると嬉しいです!↓↓↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ


Posted byすごい氷点下