fc2ブログ

喪女が婚活に嫌気がさした話

すごい氷点下

すごい氷点下

-
sweet-ice-cream-photography-90425-unsplash.jpg

はい、タイトル通りなんですけど、先日だらだら続いていた関係を清算し、非常にすがすがしい気持ちになっております。

実際に会って話してみないと、いくら表面が整備されていても分からないもんだなぁと実感しました。改めて。


で、婚活なんですけど、これも向き不向きがあると思います。
私は向いてませんでした。

やればやるほど心が荒んでいきます。

結婚は条件のすり合わせだと思います。
なので、私も向こうも腹の探り合いです。

男性からしてみたら、若くてかわいくて従順で優しい子が嫁に欲しいのは自然の摂理。
十二分にわかりますとも。
自分が男でもおそらくそうだろうと思います。

30過ぎたらBBAって面と向かって言う人、これまであった女性の顔が不細工だったと永遠に伝えてくる人、実にいろんな人がいました…。


婚活中は複数同時進行、打算、懐疑など日常茶飯事であります。
自分がしているのと同じように、相手も自分のことをキープしています。
(自分は途中から嫌になって同時進行やめましたが、婚活はそういうゲームなんだと思います)

正直めっちゃ疲れました。

なんだこの疑似恋人ごっこ茶番…と途中から、気持ち全然乗らず。


1人で生きていけるのに、ここまでリスクを冒してパートナーを探し出し、なんやかんや納得いかないことを飲み込み耐えつつ、相手と相手の親の介護を背負って生きていくのに、今の時間と労力をかける必要はあるのか?

自問自答しました。

もちろん、そこに幸せや生きがいを見出すのが一般的な人の道だと思います。


だけど、私は
なら無理に探さなくてもいいや

って思ってしまいました。


普段通っている自営ネイリストさん(子持ち離婚済)とたまたまその話になった時に、

・自分にとっては結婚して良いことは何もなかった。

・結婚前は旦那が服をハンガーにかけなくても、無意識のうちに自分が良い恋人を演じようとして拾って掛けていたが、結婚後に育児も手伝わず服を脱ぎ散らかすのを見て離婚を決意した。今は子どもと2人の人生がすごく楽しい。


って話を聞いて、自分の中でも区切りがつきました。


ただ、自分で自分が納得する水準で稼いでいくことが大前提なので、今の仕事の幅とプラスして投資も勉強するのを決意。
今回の件で、まずは自分で稼ぐ、そういう生き方が自分には向いてると思った。

あとは自分に投資も大いにしたいなぁと。
時間がかかったり、高額で見送ってた歯科矯正とか自費診療とか。

これで生きてて一緒に過ごしたい人がいればそれでもいいし、いなければそのままでもいい。
死ぬときはだれでも一人だし、納得いく形で生きていきたいなぁって思ったのでした。


スポンサーサイト



↓↓↓糧になるのでワンプッシュしていただけると嬉しいです!↓↓↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ


Posted byすごい氷点下